スポーツでのけが、外傷

スポーツ 画像

スポーツでのけが、外傷

スポーツ中のアクシデントによる急なケガやオーバーユーズ(やり過ぎ)による痛みや故障、またランニングフォームや投球フォームでのアンバランスな身体の使い方によって起こるケガや故障のことをスポーツ外傷(障害)と言います。

競技によってケガの箇所や頻度は異なります。

ケガの内容は、関節の痛みなのか?スジの痛みなのか?軟骨の痛みなのか?など様々です。

一方でスポーツ外傷はシューズを履く競技でも起こります。シューズは身体の一部と言われる程重要であるため、シューズとの相性でプレーの質やパフォーマンスにも大きく影響します。シューズとの相性が合わないと足の痛みが起きたり、身体のどこか一部に負担をかけ続けることとなり、ケガや痛みの原因となります。

一度ケガや故障が起こるとコンディションの低下となり、一つ一つのパフォーマンスも必然的に低下します。少しのケガや故障でも我慢したり軽視せずに早期の施術をおすすめします。

スポーツ外傷の主な種類と部位

突き指、捻挫、骨折、脱臼
投球肩、腱板損傷、二頭筋腱炎など
野球肘、テニス肘、ゴルフ肘
腰椎ヘルニア、筋膜性腰痛、梨状筋症候群等

ジャンパー膝、ランナー膝、オスグッド病、

膝蓋靭帯炎、タナ障害、脂肪体炎、が足炎、

シンスプリント、アキレス腱炎、肉離れ

足底筋膜炎、踵骨骨端症等、捻挫

肉離れ・筋膜炎について

ふくらはぎスポーツ競技の中で最も頻度の高いけがの一つで、主にふくらはぎ、ハムストリングに頻発します。肉離れは筋肉の部分断裂による損傷が主で、内出血、腫れ、押す痛み、歩行時痛などの症状を伴います。これに対し筋膜炎は肉離れとほとんど症状は同じですが内出血は伴いません。超音波画像では肉離れの場合陽性反応は現れます。

肉離れの回復のイメージ図

肉離れ

断裂部分が開き出血➡断裂部分に瘢痕形成(かさぷた状の塊)により傷口を塞ぎ始める➡瘢痕形成が出来上がるとシコリ状の塊を形成

このような流れで肉離れは回復していきます。

しかし、図にあるようにスポーツ復帰を早めると再発するリスクがあります。瘢痕形成が出来上がったらリハ訓練とあるように柔軟性の回復や筋力回復が必要です。

メディカルスポーツ整骨院鍼灸院ではリハ訓練時期での治療を最も重要な時期と考えています。

足首の捻挫について

足首捻挫スポーツでで最も多いけがの一つです。

足首の捻挫はスポーツ以外の日常生活でも起こりうるけがの一つです。

捻挫=靭帯損傷

捻挫の症状は、腫れ、押す痛み、内出血、歩行時痛が主です。

捻挫にはⅠ度~Ⅲ度の損傷程度があります。一般的にⅢ度損傷ではシーネなどの強固な固定が必要です。(時には松葉杖が必要な場合もあります)。Ⅰ度損傷は簡易サポーターで固定します。Ⅱ度損傷はテーピングや包帯での固定を要します。

メディカルスポーツ整骨院鍼灸院では、あらゆる損傷程度の合わせて治療や処置、固定を行っています。

スポーツ復帰の際には、テーピング固定など行いサポートします。

スポーツ外傷の応急処置

スポーツでの怪我をしてしまったら...。応急処置の原則として「RICE」があります。

Rest(休息)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)のそれぞれ頭文字をとったものです。

応急処置の原則、基本としてはRICE処置ですが、これもケースバイケースです。最も大切なのはICE、圧迫固定です。

特に多い失敗例は、マッサージや温めです。これは症状を悪化させる要因です。

Rest(休憩)

受傷直後から体内で痛めた部位の修復作業が始まります。

しかし、患部を安静させずに運動を続けることで作業開始が遅れてしまいます。

「受傷後は安静」が原則です。

k1

Ice(冷却)

冷やすことで痛みを減少させることができ、
また血管を収縮されることによって、

腫れや炎症をコントロールすることができます。

k2

Compression(圧迫)

患部を包帯やサポーターなどで圧迫することにより、
内出血や腫れを抑えます。

k33

Elevation(拳上)

心臓より高い位置に挙上をすることで、
重力を利用し腫れや炎症をコントロールすることができます。

k44
診療時間

10:00〜14:00

15:00~20:00

平日10:00-14:00/15:00-20:00

    予約優先制

ご予約のない方も受付します。

休診 土・日・祝