スポーツ外傷(障害)

059

スポーツ外傷(障害)とは?

スポーツ外傷(障害)とは、スポーツが原因で起こる体の故障のことです。スポーツ外傷は、スポーツ選手にとって大きな悩みの種といえます。

パフォーマンスを発揮するためには様々な要素があります。技術、身体能力はもちろんのこと、メンタル面の充実、100%のコンディショニングで試合に臨むことなど「最適な準備」をすることが大切です。
怪我が原因で試合に出られない、怪我が気になって本来はできるはずの動きができない、そういった選手の不安を取り除くのがメディカルスポーツ整骨院の仕事です。

スポーツ外傷の主な種類と部位

むち打ち症等
野球肩、リトルリーガーショルダー等
野球肘、テニス肘等
腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群等
ジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病、タナ障害、腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨等
シンスプリント、アキレス腱炎等
足底筋膜炎、踵骨骨端症等

スポーツ外傷の応急処置

スポーツでの怪我をしてしまったら...。応急処置の原則として「RICE」があります。

Rest(休息)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)のそれぞれ頭文字をとったものです。

Rest(休憩)

受傷直後から体内で痛めた部位の修復作業が始まります。

しかし、患部を安静させずに運動を続けることで作業開始が遅れてしまいます。

「受傷後は安静」が原則です。

k1

Ice(冷却)

冷やすことで痛みを減少させることができ、
また血管を収縮されることによって、

腫れや炎症をコントロールすることができます。

k2

Compression(圧迫)

患部を包帯やサポーターなどで圧迫することにより、
内出血や腫れを抑えます。

k33

Elevation(拳上)

心臓より高い位置に挙上をすることで、
重力を利用し腫れや炎症をコントロールすることができます。

k44
診療時間

10:00〜14:00

15:00~21:00

平日10:00-14:00/15:00-21:00

土曜10:00-14:00

*平日20:00-21:00は予約制

*その他の時間帯は予約優先制

ご予約のない方も受付します。

休診 日・祝