大手町にお勤めの50代男性が肩から頭の痛み

大手町にお勤めの50代男性が肩から頭の痛みで来られました。痛みが出たきっかけは特になく出現したとのことでした。

肩のはり、首のはり、頭部のはりが強くあり、食事の咀嚼時などに出現する状態でした。大きく口を開ける動作で見られたため、咀嚼筋に注目しました。

咀嚼筋とは、咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋になります。それぞれ検査したところ外側翼突筋が原因になっているのではないかと考えました。

咀嚼筋4つ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の筋肉いずれも硬さがありますので手技やはりを行い柔軟性を高めていきます。肩や首なども関連しています。周囲の筋緊張により負担がかかってしまうため上半身に対してアプローチをしていきます。

 

ニュースにも取り上げられていますが、最近では顎関節症など首から顎にかけて痛みを訴える方が増えてきています。原因としては長時間のスマホ使用や長時間のマスク着用があげられています。

長時間のマスク着用により、会話が減り、無表情が増え、顎周囲の筋肉や関節が使われなくなるため起こると考えられています。

症状としては顎の痛みや大きく口が開けない、開閉により音が鳴るなどとあります。

 

顎の痛み、首の痛み、肩の痛みでお困りの方は、千代田区大手町・神田のメディカルスポーツ整骨院・鍼灸院にご相談ください。

 

 

 

 

メディカルスポーツ整骨院・鍼灸院

住所 〒101-0047
東京都千代田区内神田1丁目4-1
TEL 03-3233-8300
診療時間
平日:10:00-14:00 / 15:00-21:00
(10:00~20:00までは予約優先制、20:00〜21:00は予約制)
土日祝日休診

当院Facebookはこちら
http://bit.ly/2avOcU8