神田、大手町でゴルフ肘の痛みにおすすめの鍼灸整骨院

ゴルフで起こる内側の肘の痛みについて紹介

肘痛み

 

まずは、肘の構造から話していきます。肘の関節は二の腕にある骨(上腕骨)の下端と手首から肘の間にある二本の骨(橈骨と尺骨)が組み合わさり関節として機能しています。そして、肘関節のまわりにある軟骨や筋肉、腱によってサポートされて安定性を保っています。

肘の痛みは、年齢や性別に関係なくおこりえます。肘の関節が正常に機能するから、腕の曲げ伸ばしや手を握ったり、手首をひねったりすることができます。

ゴルフ肘の原因について

ゴルフをプレーされる方で、熱心に練習を行った後に肘の内側が痛くなることです。いわゆるオーバーユーズによる使い過ぎによって起こってきます。ゴルフで無理なスイングをしすぎた時に起こることからゴルフ肘と呼ばれます。

手首を曲げたりひねったりする動作の時に、肘の内側、前腕の内側に痛みを感じるのが特徴で、特に手首を手のひら側に曲げると痛みが強く出たりします。

具体的には、ボールを打つ際に肘に無理がかかった状態でスイングを続けたり、身体全体を使わず、手先だけでスイングをするとおこります。あと、加齢による筋肉の低下、柔軟性の低下なども要因の一つになってきます。

どのスポーツにも言えるとこですが、自分の筋肉量にあった運動量を超えて運動をすると確実に筋肉や腱、軟部組織に痛みがでてきます。改めて、自分の筋肉量を見つめなおす必要がありますね。

ゴルフ肘に対する施術について

肘の痛みを解消するために、必要になってくることは、適切な施術、アイシング、ストレッチ、きちんとした休養が大事になってきます。施術に関してですが、硬くなっている前腕の筋肉を柔らかくすることが大事になりますので、電気、鍼を用いた施術が主になってきます。また、軟骨、筋腱などの傷ついた箇所への修復促進としても電気療法、鍼での施術は効果的です。

 

ゴルフ肘でお困りの方は神田・大手町のメディカルスポーツ整骨院鍼灸院にご相談下さい。

 

メディカルスポーツ整骨院・鍼灸院

住所 〒101-0047
東京都千代田区内神田1丁目4-1
TEL 03-3233-8300
診療時間
平日:10:00-14:00 / 16:00-20:00
(10:00~20:00までは予約優先制)

休診日 土曜・日曜・祝日

当院Facebookはこちら
http://bit.ly/2avOcU8